どこまでも∞

フルマラソンは短距離走。どこまで走れるか、行ってみましょうどこまでも。

第33回サロマ湖100kmウルトラマラソン

午前1時10分起床。

いろいろ準備して2時に宿を出発。
やっぱり降ってますね。

ゴール地点の駐車場には2時40分過ぎに到着。
駐車場になっているグラウンドはぬかるんでグチャグチャでした。
スタート地点行きのバスに乗り込み、しばし熟睡
4時前にスタート地点に到着しました。
ワンウェイのウルトラはスタートする前も大変です

前日の受付会場になっている体育館が待機スペースになっていることを11年目にして初めて知ったという・・・(笑)
そしてその一角がサロマンブルーメンバーの控室(?)。
手荷物預けはトラックへの積み込みではなく、この場所で行われます。
袋の色が一般の赤、青ではなく、白地に赤と青になっています。
スペシャルドリンクもここで預けられるようでしたが、先に外で預けてきちゃいました。
今年は余裕を持って準備ができたので、あたふたせずスタートを迎えられました。

IMG_7790_R

IMG_7791_R


雨は止んでいて、気温もちょうどいい感じです。
サロマ用の練習は特にしていないので、走りだしの感じでペースを決めることにしていました。
4'25"ペースでキツくなかったので、序盤はこのまま行きます。
もちろん後半が大変になるのは分かっていますが(笑)。

知り合いランナーと前後しながら最初の折り返しを目指します。
実に走りやすい気候で、気持ちのいい朝
この区間、チームメイトの1人をぽっちゃりさせたらこんな感じかも、と思える優しそうな警備員のおじさんが毎年立っていて、「がんばって~」とにこやかに応援してくれるのが楽しみです。
そして今年は、道の反対側のエイドで高校生が何かを叩きながらいいリズムでガンガン応援してくれていて気持ちがよかったです。

久しぶりにサロマとしてはいいペースで走れているので、先頭とすれ違う場所もここ数年よりはずっと折り返し地点寄りでした。
折り返してからは知り合いを探しながら楽しく走ります。
ただ、これまで25kmを過ぎて30km手前でガクッと失速することが多かったので、ここを乗り越えることをまずは目標にしました。
30kmのほんの少し手前で落ち始めましたが、まだ許容範囲
スペシャルは出てくるまでにちょっと手間取りましたが、ここのエイドは序盤なのでしょうがないです。
これまでにも何度かこういうことはありましたから。

30kmを越え、農場地帯から国道に出るまでの区間でキツくなり始めます。
そして国道に出てから我慢が続きます。
でもここ数年と較べると落ちていない。
このまま何とか耐えたいです。

42.195kmの通過は3h08'台といい感じ。
ここから大エイドまでを何とか乗り越えたいところ。
しかしペースが落ちてきたのか、早くも女子トップに追いつかれました。
ちょこっとお話ししてしばらく並走しましたが、すぐに追いつけなくなりました。
そして追走してくる女子2位。
しばらくすると女子3, 4, 5位。
うーむ、100km日本代表争い熾烈な戦いになっていますね

今回、大エイドにはレインウェアしか預けてありませんでした。
天気も大丈夫そうだし、受け取らずに進みます。
ただしポケットには万が一のためのゴミ袋はしのばせてありますよ。

暑くなってきました。
エイドではかぶり水が必要です。
これぞサロマって感じになってきました

50kmを過ぎ、登りで落ちたペースが回復しません。
これでは8時間切りが厳しそう。
でも頑張っても5分/kmペース近くまでしか上がらないんですよね。

二度目のスペシャルエイドでドリンクを受け取ります。
いつもならエイドのずっと先の曲がり角にもごみ箱が置いてあるんですが、おっと今年はないじゃないですか
仕方がないので、パンツの後ろに空きボトルを挟んで走りました。

斎藤商店ではおしぼりで顔を拭かせてもらい、すぐさまリスタート。
70kmを過ぎ、おしるこエイドは食べずに飲み物だけでトイレに寄ってリスタート。
走り始めたんですが、いかん、これはヤバいという脚の状態でした。
脚の後ろ側がメチャ重い
75kmをひいひい言いながら通過しましたが、もう攣る寸前
歩きを交えて何とか80km手前のスペシャルエイドにたどり着きました。
すでにワッカ原生花園を折り返してきた先頭の方のランナーがゴールへ向かうのが見えました。
このまま進むのは困難と判断、思い切って座って休みながら補給します。

5分近く休んだでしょうか。
ミストサウナをくぐってワッカに突入します。
お、さっきよりは全然走れますよ。
休んだのは正解でした

ワッカに入り、いつものようにオホーツク海が見えたところでテンションを上げようとしましたが、向かい風ということもありペースが上がりません。
どうあがいても8時間は越えちゃうのが明白ですしね。

ポツリポツと折り返してくるランナーに会います。
去年は低体温症寸前、リタイア寸前だったワッカ。
今年はお花も綺麗で、いい景色でした。

地の果てのような折り返し地点のを往復します。
ここはサロマ湖とオホーツク海がつながっている場所。
ここを折り返したら待望の追い風でした。

知り合いランナーとすれ違いながらゴールを目指します。
何とか脚は攣らずに済みました。
サロマは今年で卒業のつもりだったんで、もう一度8時間を切って気持ちよく終えたかったんですが、練習なしで達成できるほど甘くはなかったですね。


記録:8h07'12"


後日教えてもらったんですが、もはや今となっては恥ずかしいほど遅い、自分が持っていた100kmの県記録がようやく更新されたとのことでした。
更新したのは青学出身のランナーで、6時間40分台の記録だったそうです。
今回は世界記録も更新されたし100kmもはやスピード競技、ひと昔前とは別世界ですね。

ゴール後はサロマンブルーの控室に行きました。

IMG_7793_R

IMG_7792_R


いったんシャワーを浴びに出てから、今回のメイン、足形取りをしました。
柔らかな粘土の板の上に足を乗せたら、ぐいぐいっと色々な場所を押し付けられます。
この足形、冬場に焼いて来年5月にゴール会場に設置されるそうです。
いずれ観光旅行でこの地を訪れて自分の足形を見てみたいものです。

IMG_7795_R


会場でまったりしていたら、天候が急変
気温が急低下、強い風、そして雨。
うわぁ~、ワッカにいる人はこりゃ大変だ。
天気予報通りだといえばそれはそうなんですが、この天候は厳しいですね。
こんな時、サロマンブルーの控室はありがたかったです。
ゴール後にもらえるチケットで鹿肉カレーホタテまんをいただきました。
そして三ツ矢サイダーの何と美味いことか(笑)

IMG_7801_R


この後は2018年平昌オリンピック日本代表で活躍したロコ・ソラーレの練習拠点でカーリングをするつもりだったんですが、16時過ぎに行ったら16時までに始めてもらわないとダメ、とまさかの関門アウト
100km走った後のカーリングは格別なんですが、残念無念。

IMG_7807_R


メダルは置いていないけど、オリンピック関連の展示があるからと言われ、初めて2階に足を踏み入れました。
本橋麻里選手提供のオリンピックグッズが展示してあり、行ってよかったです

IMG_7813_R

IMG_7812_R

IMG_7810_R

IMG_7814_R


さてこの後は屈斜路湖近くの川湯温泉まで移動、居酒屋で大学時代の同級生との飲み会でした。

IMG_7818_R

IMG_7819_R


特大のホッケやら厚岸の牡蠣やら、美味しい物をたくさん味わえました。
温泉も良かったですよ~

IMG_7820_R

IMG_7821_R

2018サロマ前日

朝早くの飛行機で、家からだと間に合わず東京前泊しました。

9時前には女満別に到着。
レンタカー屋さんでプロテインをいただきました。
以前はなかったサービスですね。
何を差し上げればランナーは嬉しいかと尋ねられたので、BCAAですかねと答えておきました。
あくまで個人の感想ですが(笑)

IMG_7738_R


11回目ともなると特に観光したい所も思いつかずで、行ったことのないマイナーな場所を中心に攻めてみます。
まずは朝日ヶ丘展望台
ひまわりの季節はいい景色らしいんですが、今の季節は何の見どころもありませんでした(笑)

IMG_7725_R


続いてメルヘンの丘
国道脇に駐車スペースが設けられていました。
北海道らしい景色でいいですね。
空が青かったらなおよかったんですが。

IMG_7728_R


天都山へ向かう途中の高台から見た網走湖
そしてこの辺りでは野生化しているルピナス
ニュージーランドみたいですね。

IMG_7732_R

IMG_7733_R


天都山からは知床方面が見渡せました。
オホーツク流氷館に入れば、他の方向も見渡せたのかもしれません。
中に入っても良かったんですが、お昼ご飯優先で(笑)

IMG_7737_R

IMG_7736_R


網走にあるかに源という回転ずし店へ行ってみます。
駐車スペースが少ないとのことだったので、気合を入れて開店15分以上前に到着。
それでも先客が1人いました。
店内で隣になりましたが、その方も明日走るランナーでした。

このお店、レーン上にお寿司は1つも回っていません
紙に注文を書いて渡すと握ってくれるシステムです。
自分はお寿司が回っているお店でも大部分は口頭で注文するので、このシステムの方がありがたいです。

メニューはこんな感じ。

IMG_7741_R


これ以外に店内の黒板と貼り紙に日替わり品が書かれていました。
食べたのは、青そい、トロビンチョウ、たこまんま、サクラマス、生ほたて、おひょう、ツブとび、えんがわ切り落とし、カラスハモで2000円弱でした。
満足できました
食べ終わって外に出たら、やはり満車でしたよ。

IMG_7742_R

IMG_7743_R

IMG_7744_R


さてお次は能取岬
ツートンの灯台があり、いくつかの映画の撮影地になった場所らしいです。
中国映画の撮影も行われたことがあるらしく、観光客の大部分は中国人みたいでした。
現地に立っている案内看板によれば、あのビビアン・スーが出ていた映画らしいです。
確かに絵になる風景ですね。

IMG_7751_R

IMG_7756_R


サロマ湖へ向かいます。
ワッカ原生花園のネイチャーセンターに寄りました。
周辺ではあまり花が咲いていませんでした。
どちらかというと明日走るコース脇の方が咲いていそうです。
花を見るのは諦めて、おみやげ探し。
ソチオリンピックの影響で、カーリング関連のお土産が増えていました。
そだねーTシャツはデザインがとても気に入ったんですが、Mサイズ以上しかなく、残念ながら見送り
Sサイズも作ってほしいですね。

IMG_7761_R


昨夜はホテル泊であまり眠れず、ほぼ1時間毎に目が覚めてしまっていました。
ノンアルじゃなくビールを飲んだ方がよかったのかな。
寝不足なので、ここで車の後部座席で小一時間お昼寝
気温が低くて気持ちがよかったです。

目覚めた後は明日のスタート地点へ移動。
受付します。
新サロマンブルーメンバーとして。

IMG_7768_R

IMG_7769_R

IMG_7770_R


初めての人にはブルーのポロシャツが配られます。
そしてウエストポーチもいただきました。
いただいたポロシャツを着て、ウェルカムパーティーに参加します。
新サロマンブルーは無料で参加できるんです。
参加するのはまだパーティー参加が全員無料だった時代以来ですね。
これが晩御飯代わりなので、たくさんいただきました。

IMG_7771_R


IMG_7776_R

IMG_7778_R

IMG_7780_R

IMG_7781_R


会の終盤に初サロマンブルーメンバーは壇上に上げられます。
その数なんと80名以上
サロマンブルーメンバーはすでに800名を超えているそうです。
10回完走なんて、まったく大したことがないってことですね。

宿へ向かいます。
日没には少し早いですが、夕焼けが綺麗でした。
同じ場所をこの後の時間帯に訪れた人によると、もっと素晴らしい日没前の夕焼けの景色が待っていたようですね。

IMG_7783_R


網走湖脇にある温泉宿に宿泊です。
雨が結構降っています。
出発する予定の時間帯もまだ止んではいない見込み。
ちょっと嫌ですね。

急いで明日の準備をして温泉に入って寝ます。
温泉で温まり過ぎたのか、汗が止まらず背中も痒くて眠れない。
睡眠時間は3時間くらいになりそうです














休養日

昨日はチー100の峠走練習で50kmほど走りました。

次の週末はサロマなので本日は休養です。
先日行って気に入ったつくば市みどりのにあるラ・リヴィエ・ドゥ・サーブルを再訪。
お昼過ぎでしたが、前回買ったケーキはなかったですね。

今回は見た段階ですでに美味しいと分かってしまうケーキをチョイス。
やはり美味しかった

IMG_7720_R
プロフィール

てっちゃん

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村
楽天市場
アーカイブ
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ