どこまでも∞

フルマラソンは短距離走。どこまで走れるか、行ってみましょうどこまでも。

第12回 神宮外苑24時間チャレンジ

2年ぶり3度目の24時間走

DSC03839_R

DSC03840_R


神宮は国内唯一の公認大会です。
雨は止んでくれましたが、北風が強いのが気がかりでした。
1周1.3kmをぐるぐる回るとはいえ、向かい風になる区間は厳しそう。
案の定、この風に苦しめられました。
序盤は予定ペースに抑えるのが難しいくらい簡単にスピードが出ましたが、6時間も経たないうちにペースが守れなくなりました。

23548290_10214206557978964_610719659_n_R


どんどんペースが落ちて、潰れ、長い時間をかけてようやく復活
快調に走れるようになったと思ったら1時間も経たないうちにまた潰れる。
こんなことを繰り返しているうちに、気づいたらもう240kmでさえ無理だという状況になっていました。

脚の痛みはそれほどでもないのに走るのが辛くなり、歩いているうちに今度は気分が悪くなり、ついにはトイレ近くでリバース
完全にメンタルがやられてました。
たくさんの仲間が応援に来てくれたのに情けなかったです。

img_R


終盤は、もう24時間走は自分には無理だな~、今回が最後だな~、と考えていました。
歩いている最中に再び気分が悪くなった朝方には、ついに走るのをやめちゃいました。
30分ほど日向で体を休めて、最後の1時間だけ頑張ることにします。

残り45分、ようやく体が動いてくれました。
そこからはもう馬鹿みたいに猛スピードで。
最速ではキロ5を切っていたようです。
何だ、力残ってんじゃん。
まったく力を出し切れずに終わりました。

1年前に神宮に向けて練習し過ぎで故障、今回はその反省から疲労を溜めないことに重点を置いて練習してきましたが、やはり鍛錬不足だったようです。
なかなか難しいですね。
いい潮時なので、24時間走は引退かな。
走りたいレースは他にもたくさんありますしね。


記録:220.926km 10位
(まだ公式記録は発表されていませんが)

ミッション終了

朝、無事ミッションを終えました。

22228474_1680941745309537_7440011837519679728_n_R


32km x2周(じぶんのGPSだと66 km越えでしたが)はあっという間でしたね。
高低図を見ても分かるとおり、なかなかキツいコースです。
特に、稲子湯からニュウへ登って降りる区間はけっこうエグかった。
下りは、自分はポールなしだったらかなりキツかったと思います。

GPS軌跡_R

GPS高低図_R


2周目の下りでカーボンのポールを折ってしまいました。
ポールを突いたところがフカフカで突き刺さってしまった状況でバランスを崩し、体重がそのポールに載ったところでバキッと継ぎ目のところが割れてしまったのです。
一番キツいエリアは過ぎたところで、もうこの後はポールなしでも平気だったので影響なくてよかったです。
ともあれ入賞に貢献できてよかったです。

お役御免ということで、渋滞が起きないうちに帰ります。
しかし、片づけが終わったら急に眠気が襲ってきました。
後部座席で一寝入りしてしまいました。
起きてからから温泉へ行くことにします。
朝から空いているところあるかな?
調べてみたら、ありました。

星空の湯 りえっくす

DSC03805_R


去年初訪問した場所ですが、ここは朝6時から営業しているようです。
まだ午前中の早い時間帯なのでお客の数も少なく、のんびりできました。
激混みの八峰の湯よりいいかもしれません。
風呂上りには無料でアイスキャンディーが貰えますよ

DSC03807_R

DSC03806_R


帰りは高速のSAで何度か仮眠して帰宅しました。
ご褒美はサンタムールのケーキ。
いつも混んでいて、特に夕方前はいつも品薄ですね~

DSC03808_R




温泉旅行の合間にちょっと

朝9時前に会場に到着。

KOUMI 10032 kmの周回コースを5周するトレイルレースなので、会場にいれば戻ってきた選手と何度も会えます。
みなさんずいぶん飛ばしているようで、すでに2周目に出発してしまった選手が何人もいました。
続々と戻ってくる選手達は口を揃えて「速過ぎた~」と言っています。
はいその通りですね、飛ばし過ぎ。
あとで大部分の人は潰れることでしょう。
戻ってくるチー100メンバーの写真を撮ったり補給の手伝いをした後、10時半頃にいったん会場を後にします。
見ていると、やっぱり走りたかったですね~。

温泉入りに稲子湯へ。
野辺山100kmなどで何度も前を通っているのに(しかも野辺山はレース中に温泉に無料で入れるというのに)、これまで一度も入ったことがありませんでした。
いい機会なので今回初訪問

DSC03792_R


時間帯がよかったのか、独り占めできる時間がありました。
噂通りかなり熱かったですが、前に入っていた人がだいぶ水でうめてくれたのでちょっとだけ長湯できました。
上がったらポカポカを通り越して茹であがってましたけど。
雰囲気あっていい温泉ですね。

DSC03795_R


稲子湯へ向かう道路もKOUMI 100のコースの一部になっていました。
2周目の山頂へ向かってロードを登っていく何人かの選手に会えましたよ。
車の中から声を掛けました。

さて、お昼ご飯。
どんぶりや 風とりというお店です。
去年初めて来ましたが、人気店のようだったので早めの時間帯に来ました。
すでに混んでいて、満席寸前。
馬刺し付きの定食にしました。
さすが人気店、なかなかコスパ高いです。

DSC03798_R


スーパーで買い出ししてから13時頃に再び会場へ。
2周目を終えて戻ってくる選手達を迎えに行きます。
上位陣は速過ぎて、またしても会えず。
凄いな~、こんなペースで最後までもつんでしょうか。

DSC03799_R

DSC03801_R


何人かの補給をサポートしてから車に戻り、今度は自分の準備に入りました。
ウェアと荷物を揃え、仮眠してからテーピングと食事。

18時過ぎに会場の建物内に入りスタンバイ。
出番まで、建物内にいた知り合い達と話をしたりしながら過ごしました。
去年ちょっと覗いた時にも感じましたが、この大会はサポートする人がたくさんいて、会場内の雰囲気がいいんですよね。
とはいえ、周回コースの精神的キツさといつでもリタイアできるという環境から、この時点で止めてしまう人も結構見かけました。

19時15分頃、いよいよ出発の時がきました。
4周目、5周目を走る選手のペーサーとして、一緒に夜の山を32km x 2周走ってきます。

この時点ですでに一桁順位だったので、うまくいけば5位以内の入賞は狙えると思っていました。
先日の信越でペーサーしてもらったお返しをします。
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村
楽天市場
アーカイブ
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ