どこまでも∞

フルマラソンは短距離走。どこまで走れるか、行ってみましょうどこまでも。

2017 Badwater 135 <Badwater basin ~ Furnace creek>

スタートしました。

Badwaterを出て、R190を北上します。
Iino Wataru選手 (Japan)の後方につきました。
暖かい強風が吹いています。
やや向かい風。
サポートカーがびゅんびゅんと道路の右側を走り抜けていきます。

1キロ5分半より少し遅いペースでしたが、これより速いと暑さがきつくなりそうでした。
コース左手にポツポツと人が現れ始めます。
車で先回りした各選手のサポートクルーです。
農薬散布器で水を噴霧したり補給物を渡したり。

35814640271_1de198bb7b_o_R


他の選手のサポートクルーの中には、自分に水を噴霧してくれる人もいました。
Thank you!と手を挙げて駆け抜けます。
聞いてはいたけど、やはりみなさん親切です。

この大会では日本人以外で知っている選手はほぼいませんでしたが、唯一知っていたのがLubics Szilvia選手(Hungary)。
Spartathlonで3度女子優勝していて、今回も自分と同じ初出場ながら優勝候補の一人です。
えらい勢いで追い抜いていき、立ち止まってサポートを受けてはまたガーッと走って追い抜いていく、を繰り返していましたが、そのうち前方へ消えていきました。

そしてIino選手もいったん後方へ下がりましたが、そのうちまた前に出てきて、そして前方へ消えていきました。
自分の方はと言うと、何だか脚が重くなってきて全然ペースが上がらなくなってしまいました。

35107388724_a8b75b108f_o_R


Furnace creekまでは小刻みなアップダウンはあるものの比較的フラットで、そんなたった28 kmしかない区間でこんなざまでは先が思いやられますね。
やっとのことで宿泊していたFurnace creekのTime pointへ到着です。

DSC03183_R


Badwater basin ~ Furnace creek
(0 km, 標高 -86m ~ 28.2 km, 標高 -50m)
23:00 ~ 01:41 <5.71 分/km>


BW-FC_R

スタートまで

さて本日夜はいよいよレーススタートです。

荷物の準備はサポートクルーにお任せしました。
ランナーは走るための準備に専念。

DSC03174_R


昼寝をして、自分で用意した昼食、夕食を食べました。
テーピングNew-HALEアクティーに貼ってもらいました。

IMG_2416_R


スタート地点であるBadwaterへ向けて21時過ぎにホテルを発ちます。
やはり外は暑い。

スタートはウェーブで、20時、21時半、23時の3グループ
日本人4選手は全員23時の最終組でした。
車でスタート地点へ向かう途中、走ってくる選手とそのサポートカーが次々とやってくるのに出会います。
早々と歩いている選手もいますね。

スタート地点での受け付けですることは、レース中身に着けていなくてはならないGPSの受け取り体重測定
このGPS、基本的には腕に着けることになりますが、予想通り日本人の体格ではかなり邪魔なサイズでした。

集合して記念撮影アメリカ国歌斉唱が終わったらいよいよスタートです。

P1170033_R

受付

本日もサポートクルーは朝ランへ。

自分は20分ほどスロージョグで体の状態をチェック。
ちょっと足に気になる箇所がありますね。
しかしこれは何とかするしかない

DSC03127_R


お昼過ぎに受付会場があるStovepipe Wellsへ。
ここはレースの68km地点です。

DSC03142_R


受付開始時刻はスタート時刻ごとに分けられており、自分たちの受付開始はまだなんですが、大会のノベルティグッズの販売があるので、そのために並びました。
自分はあまり大会グッズ系には執着がないので、案の定何も買いませんでしたけど(笑)。

DSC03131_R

DSC03133_R


受付開始までの間にみんなでランチ
やっぱりアメリカハンバーガーは美味しい

DSC03139_R

DSC03141_R


チームのランナー3名とそのクルー達が全員集合です。
ここ世界一暑い場所で、日本一暑い男からのメッセージをいただきました。

DSC03153_R


さて15時最終ウェーブの受付開始です。
書類一式と1ドルを入れた封筒を渡します。
選手だけ、そして選手とクルー一緒になっての写真撮影がありますが、チーム全員での写真も撮ってもらいました。
ゼッケンは42です。

P1160919_R


夕方にFuranace Creek Visitor Centerで説明会、そして選手全員の記念撮影があるので、また戻らねばなりません。
途中でSand Duneに寄りました。
「砂丘」です。

DSC03148_R

DSC03150_R


この辺りにありがちな砂漠とはちょっと違って「」ばっかりです。
帰国してから知りましたが、Star Wars 第1作の砂漠のシーンの一部はこの辺りで撮影されたらしいです。

さて、選手説明会
チーフクルー1名と選手のみが参加します。
ちょっと眠かった(笑)。

選手全員の撮影会も無事終了。

晩御飯は昨日と同じbuffetにしました。
移動は極力避けて体を休めます。

サポートクルーたちはサポートカー作り。

DSC03170_R

IMG_4974_R










livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
アーカイブ
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ